史上最高の収益を上げているテニスプレーヤー

史上最高の収益を上げているテニスプレーヤー



エリートレベルのテニスプレーヤーは、毎年ATPおよびWTAサーキットで競う数百万ポンドを稼いでいます。



広告

賞金はテニスのホットトピックであり、最高のプレーヤーが主要なイベントに勝ったときに財産を持ち帰るのも不思議ではありません。

マルチナナブラチロワ、アンドレアガシ、シュテフィグラフなどのシリアルグランドスラムチャンピオンは、1980年代と1990年代にプレーして大きな収入を得ましたが、ここでは史上最高の賞金リストにはなりません。



これは、過去20年間でトーナメントの賞金が大幅に膨らんだため、トップ10リストのほとんどのプレーヤーがまだプレーしているか、最近引退したためです。

では、テニス史上最も賞金を獲得したのは誰だと思いますか?ここでトップ10をチェックしてください。

デンマークのキャロラインウォズニアッキは、史上10番目に収益の高いテニスプレーヤーです(GETTY)



10.キャロライン・ウォズニアッキ–2660万ポンド

デンマークの黄金の少女ウォズニアッキは、2010年にわずか20歳で世界一のランキングを獲得しました。それでも、2018年全豪オープンで最終的にグランドスラムを獲得するまで、彼女のキャリアには批判が続きました。

ウォズニアッキは2020年に引退する前に30のキャリアタイトルを獲得しました、そしてそれは彼女のキャリア収入を急上昇させたこれらのWTAツアーの勝利です。さらに、2017年の彼女のWTAツアーファイナルズの勝利は、デーンに150万ポンドのクールな賞金をもたらしました。

ルーマニアのシモナハレプのキャリア収入は2,780万ポンド(GETTY)

9.シモナ・ハレプ-27.8百万ポンド

ハレプはこれまでに2回のグランドスラムシングルスの勝利(2018フレンチオープン、2019ウィンブルドン)を誇り、ティーンエイジャーとしてプロとしてのキャリアをスタートさせました。ルーマニア人は世界一の王冠を享受し、2014年にWTAツアーファイナルズ決勝に到達しました。

ハレプの賞金の大部分はグランドスラムからのものではありません。彼女は2020年2月の時点でわずか8回、準々決勝のステージを通過しました。しかし、彼女はWTAプレミアタイトルの連続優勝者であり、2014年に初のプレミアクラウンを獲得しました。 。ハレプは硬い草や粘土の表面で優れているため、一年中トーナメントに参加することがよくあります。

マリア・シャラポワ(左)とセリーナ・ウィリアムズの両方がトップ10リストに入る(GETTY)

8.マリア・シャラポワ–30.4百万ポンド

ロシアのシャラポワは、わずか17歳の2004年ウィンブルドンシングルスの王冠を獲得したとき、彼女の最初の大きな給料日を獲得しました。彼女は£560,500の勝者の小切手を受け取り、複数のスポンサー契約に署名しました。

シャラポワの純資産は1億5000万ポンドの恥ずかしがり屋だと考えられています。その収入の5分の1だけが賞金によって得られました。これは、ロシアが今日までどれだけ市場性を維持しているかを浮き彫りにします。

シャラポワは彼女のキャリアの中で5つのグランドスラムタイトルを獲得し、セリーナウィリアムズがいなかったら、間違いなくもっと多くのタイトルを獲得したでしょう。彼女は全豪オープンの最初のラウンドからクラッシュした後、2020年2月に引退しました。

ビーナスウィリアムズは1990年代にグランドスラムのタイトルを獲得し始めました(GETTY)

7.ビーナスウィリアムズ–3100万ポンド

ウィリアムズの2人の姉妹の長老であり、グランドスラムのシーンで最初に成功したのは、セレナがマントを引き継ぐまで、ヴィーナスが女子テニスの支配的な勢力でした。 40歳のとき、ヴィーナスはまだプロのテニスをしていて、ティーンエイジャーとしてのキャリアを始めました。

ヴィーナスの最初の大きな給料日は、1997年のWTAツアーで1年目に全米オープン決勝に到達したときでした。彼女はマルチナヒンギスとの2セットで試合に負けましたが、2001年の終わりまでに4回のグランドスラムチャンピオンになりました。 。

ウィリアムズはウィンブルドンシングルスのタイトルを5回獲得し、さらに3回の決勝戦で敗れました。すべてセレナに敗れました。 2008年のSW19での彼女の最後のグランドスラムの勝利はアメリカ人の£750,000を獲得しました。

ピートサンプラスは2002年に彼の最後の大きな給料日を獲得しました(GETTY)

6.ピート・サンプラス-32.7百万ポンド

このリストで1990年代に賞金の大部分を獲得した唯一のプレーヤーであるサンプラスは、全米オープンで5回優勝した後、2002年に引退しました。彼はウィンブルドンでセンセーションを巻き起こし、1993年から2000年の間にすべての男子シングルスのタイトルバーを獲得しました。

その期間のウィンブルドンでの賞金は、93年のチャンピオンの305,000ポンドから、10年の終わりまでに477,500ポンドに膨れ上がりました。当時、同じトーナメントでプレーしたにもかかわらず、女性は男性と同等の賃金を支払うことを許可されていませんでした。

サンプラスの最後の給料日は、2002年全米オープン決勝でアンドレアガシを4セットで破り、30万ポンドの小切手を請求し、最高額でテニスをやめました。

アンディマリーは2つのオリンピック金メダルを誇っています(GETTY)

5.アンディ・マリー–46.4百万ポンド

マレーは彼のキャリアのピーク時に3つのグランドスラムを獲得しましたが、実際には2008年から2016年の間に彼が行った8つの最終的な出演を失ったことからより多くのお金を稼ぎました。

ブリットは、1回も勝てずに5回の全豪オープン決勝で記録的な成績を収めましたが、2013年にノバクジョコビッチを3セットで破り、ウィンブルドンでメジャーの呪いを破りました。

マレーは、2016 ATPワールドツアーファイナルズを無敗で締めくくったときに200万ポンドを獲得し、その年の世界​​No.1としてシーズンを終えました。彼はこれまでに46のキャリアタイトルを獲得しており、30代前半まで腰の怪我に耐えていたにもかかわらず、まだスポーツをやめる準備ができていません。

セリーナウィリアムズは驚異的な23のグランドスラム(GETTY)を獲得しました

4.セリーナ・ウィリアムズ–7,000万ポンド

スポーツの歴史の中で、セレナほど結果を出すことに成功したアスリートはほとんどいません。アメリカ人は1999年に、トーナメントで人気のマルチナヒンギスとの全米オープン決勝で優勝し、スーパースターになりました。

セレナはその後、さらに22のグランドスラムタイトルを獲得し、マーガレットコートの24の記録を目指しています。さらに、彼女はさらに14のグランドスラムダブルスタイトル、2つのグランドスラムミックスダブルスクラウン、4つのオリンピック金メダルを誇っています。

シャラポワのように、ウィリアムズは約1億5000万ポンドと考えられる純資産を持っています。彼女のキャリア収入はその約半分を占めており、彼女はまだ引退する準備ができていないようです。

ラファエルナダルは賞金で£9千万以上を獲得しました(GETTY)

3.ラファエルナダル-9200万ポンド

ナダルは全仏オープンで彼の全キャリア賞金の推定20パーセントを獲得しました。キングオブクレイは、これまでに12回、全仏オープンの王冠を獲得しており、減速しているようには見えません。

彼は全仏オープンで優勝して約1680万ポンドを獲得し、トロフィーキャビネットでさらに7つのメジャーを誇っています。

ナダルは、2005年に全仏オープンのタイトルを獲得したときに最初のメガペイデイを獲得しました。彼はそのトーナメントまでスラムの第3ラウンドを通過することができませんでした。ナダルはまた、2つのATPワールドツアーファイナルズと2つのオリンピック金メダルを獲得しています。

ロジャーフェデラー(右)が獲得していないトロフィーはほとんど残っていません(GETTY)

2.ロジャーフェデラー-9800万ポンド

多くの人が、フェデラーが史上最高の収益を上げているテニスプレーヤーのリストで2番目に座っているのを見て驚くかもしれません。それは、彼のライバルであるノバクジョコビッチが、2010年代に彼の賞金のより大きなシェアを獲得したためです。

フェデラーは、2003年にウィンブルドンでの最初のグランドスラムを最終的に獲得する前に4年間ツアーに参加していました。そのタイトルは、彼に575,000ポンドの現金注入をもたらし、5回連続のウィンブルドンでの勝利を引き起こしました。

フェデラーは、これまでに20のグランドスラムシングルスタイトル、6つのATPワールドツアーファイナルズの勝利、ダブルスでのオリンピック金メダルを誇っています。彼は約3億4000万ポンドの価値があると考えられており、そのうちの4分の1以上がテニスコートで稼いでいます。

ノバクジョコビッチは史上最高の収益を上げているテニスプレーヤーです(GETTY)

1.ノバクジョコビッチ–1億800万ポンド

セルビアのジョコビッチは、過去数年間にグランドスラムイベントで競合他社に支払われる賞金が大幅に増加したことで、他のどのプレーヤーよりも多くの恩恵を受けてきました。賞金のインフレは、初期のラウンドでクラッシュした人々だけでなく、最終的なチャンピオンにも役立ちました。

ジョコビッチは17回のグランドスラムシングルタイトルを誇り、2008年に全豪オープンに初出場しました。彼はメルボルンを彼の精神的な故郷とし、12年間で8回のタイトルを獲得しました。

ウィンブルドン2018以来、ジョコビッチは利用可能な7つのグランドスラムタイトルのうち5つを獲得しました。それぞれが、前年度からの賞金の増加を誇っています。彼はまた、80のキャリアシングルタイトルに近づいており、現在34がATPマスターズ1000イベントに参加しており、グランドスラム以外で最高の賞金ポットを提供しています。

広告

US Open 2020ガイドを確認するか、TVガイドにアクセスして他に何を見るかを確認してください。